炙るあざとさ 炙らない正直さ

刺身とか映画とかあれとかそれ

(ごはん)松屋のカレーとなか卯の牛丼


スポンサードリンク

f:id:kentaroll:20190109191753j:plain

出展:https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/curry/cri_ori_170307.html

松屋のカレーはエモい。カレーをメニューとして出している牛丼チェーンは多々あれど、あえてスパイシーな辛口カレーを提示し、タイカレーやチキンごろごろカレーなど、カレーのメニュー開発に熱い松屋。カレーへの熱い想いがメニューからもカレーからもビシビシと伝わる。タッチパネルではおすすめにカレーを出してくる松屋。ここ最近松屋に入って、牛丼を食べた覚えがないくらい、松屋ではカレーを頼んでしまう。それくらい松屋のカレーが好きだ。吉野家すき家のカレーは違う。あれは、ただそこにいるだけのカレー。牛丼以外の選択肢としているだけの、無難でなんでもないカレー。松屋は違う。カレーがカレーとしてそこに居る。アイデンティティーを持っている。カレーあるがゆえに、松屋あり。松屋が先か、カレーが先か。それくらい、松屋はカレーなのである。このカレーは会長の肝いりとも噂に聞く。カレーは辛くてなんぼやと。会長、、、オレもそう思います。

 

f:id:kentaroll:20150123175111j:plain

出典:https://www.nakau.co.jp/jp/menu/detail/in/1

ちなみに、牛丼はなか卯。正確には和風牛丼。過去になか卯すき家ゼンショーグループに吸収され、すき家との差別化のために、メニューから牛丼がなくなった時期があった(すき焼き丼みたいなものに差し替わった)。その際、私はなか卯で牛丼メニューが消えたことに対する怒りで、なか卯及びゼンショーグループにはらわたが煮えくりかえった。お客のニーズを全くわかっていない。なか卯の問い合わせフォームからも長文で抗議をした。それくらい好きだった。というか、食のルーティーンが消え失せてしまった。あそこに行くときのランチはなか卯で牛丼と決めていた。そのなか卯に対する私の分人が消え失せた喪失感といったら。ただ、そのような声が多かったのか、1年後になか卯の牛丼は復活した。ありがとうなか卯牛丼ファンのみなさま。そんな、なか卯の牛丼は濃い目である。ゆえに、オーダー方法も決めている。牛丼の並をつゆだくでオーダーし、生卵のオプションは必須。運ばれたつゆだく牛丼の中央に箸で穴を空け、溶いた生卵をその穴に流し込む。その穴から箸を入れ、あたまの肉は動かさないように、生卵とつゆだくのご飯を静かに混ぜ、濃いあじをまろやかにさせる。卵かけご飯のようなゆるめのご飯と牛肉は、目の前にあるカレー用のレンゲスプーンで食べる。これが最高にうまい。吉野家すき家でも同様の食べ方をするが、やはりなか卯なか卯は東京においては店舗が異常に少ない。特に墨田区にない。ゼンショーさん、お願いします。腹減った。