炙るあざとさ 炙らない正直さ

刺身とか映画とかあれとかそれ

(音楽)BAD HOPについて。日本武道館ワンマン”BreatH of South” 感想


スポンサードリンク

f:id:kentaroll:20181124155754j:plain

撮影:cherry chill will.


このタトゥーだらけのかっこいい8人「BAD HOP」をご存知だろうか。23歳のHIP HOP クルーである。神奈川県川崎市が生んだ、見た目どおりほとんどが元ワル(更生済み)。そんな、彼らが自らの手で武道館でワンマンを開催。ちょっと経ってしまったんですけど、今日はそれについて書こうかと。

 ※上記写真撮影のcherry chill will氏の写真は本当にかっこ良い

 

武道館には、夫婦で参戦してまいりました。間違いなく歴史に残るライブになるだろうと。古い話でいうと、ビートルズの来日公演を武道館で見たテリー伊藤が、いつまでもテレビで自慢するかのように。そんな日本の音楽シーンにおける重要なライブになるという予感がしたんですよね。夫婦ともにそんな思いがありました。

事務所に所属せず、後ろ盾もない23歳の8人が、武道館のステージの上に立ってラップをする。とんでもないことですよ。一部少年院に経験のある彼らが。知る限りでは、宣伝もほとんどしていない。SNSとライブでの発表のみだろう。10代~20代中心のファン層なので、それで充分クチコミが広がり、ニュースにもなる。チケットサービスもシステムだけ借りて、大手はほとんど使わず。それが即日完売。誰が想像出来たでしょうか。高校生RAP選手権の紹介VTRで、悪さ自慢をしていた彼らから。

で当日なのですが、、、もう、間違いなく、歴史に残るライブでした。

とんでもなくかっこよかったっす。最高という言葉は、こんな日に使うものかと思わせるくらい最高でした。

 

 
 
 
View this post on Instagram

BADHOP_OFFICIALさん(@badhop_official)がシェアした投稿 -

ちょっとBAD HOPとの出会いについても。

あれは、スカパーのBAZOOKA企画「高校生RAP選手権」第一回目の決勝ですかね。後の、T-Pablow(BAD HOP)ことK-九(ケーナイン)とLIL-MANのバトルからでしょうか。

当時、水道橋博士大根仁監督あたりがTwitterで面白いとつぶやいていて(記憶が違わなければ)、気になって、観たのを覚えてます。

このときの決勝は、間違いなく日本のフリースタイルバトルブームを生み出す、起点となったと思います。大会は8人参加と今と比べると少ない高校生ラッパー達が、HIP HOPの流儀に逆らうことなく、お互いをディスり合うフリースタイルバトルでスキルを競い合ってました。正直、決勝までそこまで面白くはなかったんですよね。

ただ、決勝だけは違いました。

決勝に勝ち上がった2人は、HIP HOPで日本をのし上がろうと語り、このフリースタイルバトルの無意味さをビートに乗せた。「オレらで回そうぜラップでこの国の経済」「オレがやってやるよ オレがNo.1 HIP HOPドリーム」「そうそう同じ言葉 こんな戦いしても意味がない」「勝ち負け幸あれとか関係ない」「同じこと思ってHIP HOP」。

初見の時、感動のあまり、泣きました。高校生ラッパーすげーよ。審査員のZeebraとDABOがバトルの後、立ち上がったんですよね。そう、このおじさんラッパーたちもそう思ってた。ラップでこの国の経済回したかったんすよ。

そのパンチラインを生み出したT-Pablowが7年後、川崎の幼馴染たちと組んだクルーBAD HOPとして、武道館に、それもワンマンで、立ったんです。

 

 
 
 
View this post on Instagram

BADHOP_OFFICIALさん(@badhop_official)がシェアした投稿 -

 

グッズに群がるティーンや20代。地方から来てる様子のファンも多かったです。日本の経済が回ってますよ。ヤングが金出してるのに、30代の我々が観に行かないわけないでしょってことです。Tシャツも買いましたよ。笑

その後、高校生RAP選手権はすっかり人気企画となり、T-Pablowは4回目も優勝。双子の弟のYZERRも5回目で優勝。

ここで、BAD HOPのブレインといえるYZERRは当時の年齢にして、人気コンテンツを見事にプロモーションの場として捉えていたってのも驚きです。それが、4回目のT-Pablowのスタイリングに関するエピソードが白眉かと。

普通の服を着て大会に出ようとしたT-Pablowに、40万のブランドの服を着させて出場させたそうです(インタビュー談)。後の数億円になる可能性があると踏んでの出費だったようで、もちろんネット界隈で話題になったのを覚えています。「パブロの服の値段調べたらヤベェ」とかね。

BAD HOPの成功はこの頃から、決まっていたのかもしれないですね。

ほかにも、フリースタイルダンジョン、2WINでのデビュー、VICEドキュメンタリーなどなど、ここまでBAD HOPがくるまで語りつくせないストーリーは多々あります。

 

ただ、2WINの音源や、初期BAD HOPの音源は正直キツイなと感じてました。フリースタイルはカッコいいのに音源がイマイチ。典型的な売れないHIP HOP路線に落ちたかと思ってました。

 

が、、、2017年のアルバム”Mobb Life”ですね。大化け。完全にハマりました。

 

Mobb Life

 

全曲楽曲がめちゃくちゃ良い。悪ぶるだけでなく、Hip hopの良さをしっかり出して、女性やブランド、クルマなどについても曲にしていて非常に聞いていても楽しい。Mobb Lifeの「オレら仲間たちと稼ぐMoney」っていうラインもそうですが、リリックがかなりわかりすくおもしろい。トラップやキャッチーなビートに合わせる彼らのスタイルは、マジで化けた瞬間だと。これがセルフプロデュースってのがホントにすごい。めちゃくちゃ世界のHip hop勉強してるんやと思いました。


BAD HOP / Ocean View feat. YZERR, Yellow Pato, Bark & T-Pablow (Official Video)

 

さらに、同時期にインターネットラジオWREPでのBAD HOPの番組内でのトーク「リバトーク」が面白すぎると話題になる始末。しょうもない芸人のラジオよりも全然面白い。少年院ネタから好きなお菓子までなんでも笑いに昇華させるYZERRのMC力です。人間性が見えるラジオのプロモーションって結構強いんですよね。

 

そして、さらにさらに、、

今年リリースされたアルバムBAD HOP HOUSEですよね。全員参加した初めての曲 Kawasaki Driftをフックに、またかましてきました。こやつらもはや無敵ですよ。

 

BAD HOP HOUSE [Explicit]

 


BAD HOP / Kawasaki Drift (Official Video)

 

で、Zepp Tokyoでのオシャレなワンマン。(中略)

 

で、武道館。成功者には実力と運と判断力が必要とよく言われますが、彼らにはそれが伴ってますね。空きがない武道館が1日空いたって連絡がくる運。ワンマン決めちゃう判断力。そして、間違いない、音源の強さ。

リバトークで、武道館のステージ造設に5000万円かかったとYZERR が話してましたが、そんなことまで赤裸々に話す彼らに業界のタブーなんて通用しないのもおもしろい。

 

と、前振りが異常に長くなりましたが、彼らのステージングは素晴らしかったです。

 

f:id:kentaroll:20181113205643j:plain

撮影:cherry chill will.

コールアンドレスポンスが明確やから、マジで海外のライブばりに観客が声出してました。

あんな楽しいライブ久々でした。

時折、ビートがずれてたような違和感と、「これ以外」の映像がちょい遅れやったのはご愛嬌でしょうか。

 

チケットについてくるDVDとCDとかもう、意味わからんくらいサービスがすごかったし。

 ライブレポはこの辺が詳しいですね。

natalie.mu

まじで、点数は5億点でした。

 

彼らの今後の動きが気になりすぎる。