炙るあざとさ、炙らない正直さ

映画とかあれとかそれとか

(80)HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION/どうしちまったんだよHIROさん・・・


スポンサードリンク

f:id:kentaroll:20171110193720j:plain

出典:HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION : フォトギャラリー 画像(9) - 映画.com

 

HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION

どうしちまったんだよHIROさん・・・。いや、これがハイローなのか。。。。

HiGH&LOW THE MOVIE 2 のラストで上がりまくったテンションを叩きつけるかのように、本作鑑賞後のテンションは、まさしく上の写真のコブラ。。。

大好きな人との初めてのデートで、その人のご飯の食べ方がすげぇ汚くて、愛が一気に冷めるかのような、そんな、そんな、、、。

これもハイローなんすかね。辛いっすよ、HIROさん。

(追記)

愛聴しているライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル(通称タマフル)でも映画評が行われたので、当記事も更新させていただこうかと。

なんと、番組宛に送ったハイロー3の感想メールが読まれました。放送前日に「あ、明日は宇多さんのハイロー3評や」と飲み会の最中に思い出し、飲み会で急にダンマリしてメールを書くという奇人ぷりを発揮しながら送ったものでしたね。もちろん、ラジオネームなんて気の利いたものを書くことなんて当たり前のように忘れ、名前さえも書いてねーやと思ってたら自動的に署名に名前が付いてたんですね。宇多丸さんに「さん付け」で苗字で呼ばれるのもまた一興かと。タイムフリーで5回は繰り返して聞かせていただきました。

一応、送った評は以下です。

---

ハイローザムービー3観てきました。率直に言うと残念でした。エンドオブスカイで張り切ったアクションのさらに上を期待していたこともあり、完全な不完全燃焼と、謎のストーリー複雑化、音楽演出が少なくなった点など、帰り際にオレが好きだったハイローはどこにもない、と涙を流すくらいでした。ただ、よく考えるとこれもハイローなのかと納得しました。もっと祭りみたいなハイローが観たい。これで終わるなとおもわせる、そんな1作でした。

---(原文ママ

 

「完全な不完全燃焼」とか意味わかりませんね。ま、酔っ払ってるし、このブログも基本書きっぱなしジャーマンで、ほとんど見直さない乱文なので、影響が出ておりますね。丁寧に書くことを心がけないとあきませんね。

ということで、ハイロー3の映画評はこのメール文そのままで、すごい残念でした。

多分、HIROさんは、王道のストーリー映画がやりたかったんだろうなと。

ただそれによって、今まで広げてきたアンリアルな世界観に、薄っぺらいありがちでリアル風に見えるストーリーをミックスしてしまい、全然美味しくもなんともない一品が出来上がってしまった。そんな1作だったかと。

宇多丸さんアイデアのように、死亡遊戯や、漫画の幽☆遊☆白書魁!男塾かのようなベッタベタなチーム戦が観たかった!九龍グループの各チームとSWORDの各チームがそれぞれぶつかり合って、各チームいいところ見せて、最後コブラと大将の対決!みたいな感じがマジで最高やったでしょうねぇ。あー、マジでそんなハイロー祭り観たい。

ハイローシリーズがこんな感じで終わるとは到底思えないので、次回に期待ということで!とりあえず、最悪やったけどやっぱ好きやったとこはあったり、ハイロー最&高!

 

点数:70点