できれば酢飯でお願いします。

炙るあざとさ、炙らない正直さ。

(79)HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY/ドラマとザム1についても


スポンサードリンク

f:id:kentaroll:20171108174712j:plain

 出典:HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY : フォトギャラリー 画像 - 映画.com

 

HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY

見てからかなり時間がたってますが、HiGH&LOW THE MOVIE 3が公開される前にこちらについて書いておきます。

これはツッコミ所もめちゃくちゃありますが、それがゆえに最高に大好きな1作です。

 

HiGH&LOWシリーズは、TBSラジオのライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフルでの応援上映特集と、あるブログの記事(これが見つからない)で興味を持ったことがきっかけで、手を出しました。そんな事でも無い限り、「EXILEのふざけた映画」というイメージしかなく、高校恋愛モノのように一切触れることはなかったかと。

ドラマシリーズから入ってみたのですが、世界観やキャラクターのあまりに漫画的な作り込みと、それを笑いにさせないセットのクオリティで、眠っていた中2心を呼び起こされた感が半端ない。

さらに特筆すべきはアクション。これが本当にかっこいい。TOP級のダンサーのアクションは世界レベルでした。まさしく魅せるケンカ。これにつきる。ドラマシリーズでコブラがスライディングしながらドラゴンスクリューをかけるシーンがあるんですが、これがまた最高にカッコイイ。思わず「好き」と口に出していたことはあえて書かせていただきたい。それくらい、異常にクオリティが高いケンカアクション。そして、THE MOVIE1のラストの乱闘シーンで、それはさらに輝きを魅せ「アクションがやばいHiGH&LOW」の地位は確立されたかと考えております。

あと、もう1個いいのが、音楽。これが、最初は笑えるんですけど、どんどんかっこよく聞こえてくる不思議。何度も何度も繰り返される、各チームのテーマ曲。これが中毒になって、好きなチームの音楽が流れるとアガるようになってくるんですよね。私は、音楽とファッションをテーマにしているチームMIGHTY WARRYORS(マイティウォーリア-ズ)が一番好きなのですが、マイティの拠点であるクラブFUNK JUNGLEでのライブシーンが世界で一番カッコイイライブシーンなのではないかと思わせるレベル。私、音楽も相当好きですが、このシーンだけはホントに何度も見ました。

ただ、それに反して脚本の粗さ、演者の演技のくささはどうしようもないのですが、そんな事はどうでもいいくらい前述したいくつかの点が最高に光っていました。

 

で、HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF THE SKY。とにかく、HiGH&LOWが持つ武器である「アクション」「キャラクター」「音楽」「世界観演出」をすべて磨いてきたなという、ハイロー好きにはたまらない映画でした。これぞヤンキーファンタジー。日本らしい新ジャンルの映画ですよ。

もう、ジェシーコブラの喧嘩シーンが最高すぎて、好きすぎて、公式TwitterのGIFで何回も見ました。

 

さらに、豪華俳優陣による、九龍会のメンツが最高。

マイティのLIVEシーンも、曲もまたまた最高で。キャッチーな煽りに、混じりたくなるLIVEをしてくるから、ホント最高でした。やはり、日々MVを作っている人達は、音楽がある場所の絵作りは天才的。

ストーリはUSBの奪い合いと、ホワイトラスカルズVSダウトの抗争にSWORDが混じって大乱闘という感じの2部構成。脈絡あるようでない感じがめちゃくちゃで、セリフも琥珀さんのとりあえず「ケンカ」といっちゃう感じとかやっぱり笑えます。シリアスなシーンでも笑えて、やっぱり脚本の構成はどうしようもないのです。山王連合会のダン、テッツ、千春によるDTCドラマ部分も、あえて描く必要性が感じられずで。そんなところに口出しだすとキリがないのであえて目をつぶってもいいくらい。

ま、そんな事はやはりどうでもいいくらい最高なので、漫画的世界観、半端じゃないケンカアクション、長回しのシーン、クオリティーの高いライブ、達磨一家の登場シーン、などなど書き切れないくらい最高なシーンに溢れてるので、シリーズ1作も見ていなくても、この作品だけ観る価値は大ありだと思います。

 

点数:91点

 

11月4日(土)先日の新宿ピカデリーで行われた、一足先に最新作の「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」が見られる、映画ハイローシリーズのオールナイト上映イベントに参加してきたのですが、THE MOVIE 3 / FINAL MISSIONの感想は・・・後ほど。泣