(54)いきなり先生になったボクが彼女に恋をした


スポンサードリンク

f:id:kentaroll:20161104104545j:plain

出典:いきなり先生になったボクが彼女に恋をした : フォトギャラリー 画像(11) - 映画.com

 

いきなり先生になったボクが彼女に恋をした

知り合いが関わっていたので、普通だとまず選ばない映画なのですが、観に行ってきました。

その知り合いにはものすごく申し訳ないのですが、、、これはきつかった。

 

以下ネタバレになる部分と、この映画が好きな人は不快に感じる点があると思うので、読まないでください。

 

 

 

もうね、、、、脚本がどうしようもなくひどい。

日本的な感情の描き方や、表現の部分がなくてほんと何これって感じになるので、怖い。こんなこと日本ではないし、そう考える日本人はいないよと思うシーンが多々ある。

もう冒頭からこの映画あかんわと思ってしまった。

企画・原案・脚本:Kevin DC Chang ということからも、韓国サイドからの企画で立ち上がっているように感じられます。何回も言いますけど、映画の中の日本人の日本人らしさが全然感じられない。

さらに、この「いきなり先生」製作委員会にエイベックスががっつり入っており、

製作:松竹/エイベックス・ヴァンガード/エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ/エイベックス・ミュージック・パブリッシング/エイベックス・ピクチャーズ

参照:映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』公式サイト

おそらく、それが最悪な方向に働いているのだと思う。

イェソン(SUPER JUNIOR)をもっと出してくれ。ここのイェソンはそうじゃなくて、こっちの方向でとか。唐突すぎる訳のわからんシーンが多すぎた。

音楽も酷い。音楽というか効果音含めて、ほんとうにひどい。

たぶん、脚本との相性が悪すぎる。

音楽は、釣りバカシリーズをやられている、信田かずおさんという方だそうですが、おそらくこの方は日本人が作った日本的な昔ながらのドタバタコメディー映画なら手腕を発揮される方だとおもう。バネが伸びる音の効果音とか、もうやめてくれよとか思ったんですけど、一定数好きな人もいるでしょう。しかし、この映画は、原案の方がKevin DC Changという韓国の方なので、前述したように脚本が全然日本的でない。

それが一番最悪に働いていたシーンというか、一番恐怖を感じたのシーンがあった。佐々木希演じるさくらが韓国からビジネス目的で来た社長に気に入られて、ホテルの1室で襲われるシーン。はっきりいってこのシーンの演出と音楽の組み合わせには、背筋が凍りついた。

佐々木希を騙して自分の部屋へ連れ込む。嫌がる佐々木希を子を襲おうと、ホテルの広いスイートルーム内を追いかけ回る終始笑顔の韓国人社長(めちゃくちゃ男前)。まじで、本気で嫌がる佐々木希と笑顔で悪気がない様子で追いかける男前。この描き方が本当に怖かった。これ狂人ですよ。おそらくこのシーンを見た多くの人が、高畑裕太のホテル事件を思い浮かべると思う。示談済ませたのに、あれは合意ですよとか後から言いそうな雰囲気。そのシーンを平気で入れる表現は、全く日本的でないし、おかしい。韓国の方の男前のごり押しと発案だと思いますが。そして、それを最大限ポップにしようと狙っているのか、釣りバカの家庭シーン的なドタバタ追いかけ回るような音楽が永遠とバックで流れる。怖くて仕方なかった。もしそれが、恐怖を際立たせる狙いならすごい。黒澤明対位法ですよ。映像と音楽を全く逆で描く。そんな狙い1mmもないと思いますが。あのシーンで正直笑える人なんていないでしょう、このご時世。マジであれはほんとにダメだと思う。ほんとひどい。

 

この映画の救いは、主演のイェソンと佐々木希が美男美女だという点。

 

正直、脚本で変な流れは作る必要なくて、イェソンが佐々木希に韓国語を学ぶシーンをもっともっともっと丁寧に魅せるだけでめっちゃくちゃ良くなる映画だと思う。

1つ修正案としての例ですが、、、

イェソンは先生をしたことがないから、普通の先生が教えないような特殊な日常会話例を佐々木希に教えてしまう。「借金取りに追いかけられている韓国人に道を聞かれたら、「こっちは行き止まりだからあのゴミ箱の中に隠れればいい」と言ってあげてください」みたいなフレーズを教えたり。絶対に使う事なんて無いだろうと佐々木希が思っていたら、街中でまったく同じ境遇で逃げている韓国人に出会い、使う羽目になる。「使った・・・・」と呆然とする佐々木希。こんな吉本新喜劇的なべったべたな内容で良かったと思う。

この流れなら、どんどん案もでます。文化の違いからイェソンとケンカしちゃったりするけど、そのケンカのワードも授業で習ったフレーズで、めちゃくちゃ汚い言葉だったりして韓国語でやりとりしているのに、ケンカも面白い。韓国語での恋愛のやりとりも冒頭に教えちゃったりして「使う事なんて無いですよ~」とか言うけど、ラストシーンで使っちゃって「使うことになりましたね」みたいな。こんなべたべたでいいんですよ。あの美男美女がいたら。

 

なんで、あんな訳のわからん脚本にするかなぁ。

佐々木希が韓国語を学ばないとイケない動機も弱すぎるし、訳のわからん韓国からの社長とか不要。ムダに男前やし、意味が無い。あの社長は気持ち悪い方がいい。それならホテルのシーンも笑えた。帰ってくる元旦那の必要性もゼロ。さらに言えば、冒頭のイェソンが沖縄に行く理由と滞在する理由もあり得ない。

ドタバタコメディーやるなら、実際にありそうな部分はちゃんと筋通して、その中でふざけないと。

あと、絶対にいらないのは巻き戻しの演出。ホントに不要。

佐々木希が可愛い。ただ、それだけです。

 

点数:23点